シッチェス映画祭



 シッチェス映画祭は1968年に設立され今回で50回目を迎える、ホラーとファンタジーに特化したジャンル系の国際映画祭です。ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭やポルト国際映画祭と並び、世界三大ファンタスティック映画祭の1つに数えられ、世界中から著名な監督や俳優が参加し、上映本数300作品、来場者数14万人を記録する祭典です。

 ジャンル系のコンペ映画祭として上映作品に注目が集まり、ハリウッドメジャーからインディペンデントまで幅広く質の高い作品がプログラムされ、その年の賞レースを占う重要な映画祭として位置付けられています。また、国際映画製作者連盟や映画芸術科学アカデミー公認の映画祭であり、最優秀短編作品には米国アカデミー賞短編部門の応募資格が与えられます。 

 2016年度は日本から園子温監督の「アンチポルノ」や永井聡監督の「世界から猫が消えたなら」、黒沢清監督の「ダゲレオタイプの女」など33作品が選出され、新海誠監督の「君の名は。」がアニメ部門で最優秀作品賞を受賞しています。







【開催地】
 スペイン・シッチェス

【開催期間】
 2017年10月5日〜10月15日

【開催回数】
 50回

【公式サイト】
シッチェス映画祭

【賞金&賞】
 オフィシャル・ファンタスティック部門:

 最優秀長編作品賞

 最優秀監督賞

 最優秀男優賞

 最優秀女優賞

 最優秀脚本賞

 最優秀短編作品賞

 最優秀長編作品観客賞

 カタラン批評家作家連盟最優秀作品賞

 最優秀新人監督賞

 最優秀短編作品若年審査員賞


 オービタ部門:

 最優秀長編作品観客賞



 ニュービジョン・ワン/プラス部門:

 最優秀長編作品賞

 最優秀監督賞

 特別審査員賞



 パノラマ・ファンタスティック部門:

 パノラマドキュメンタ最優秀観客賞



 アニメーション部門:

 アニメーション最優秀長編作品賞

 アニメーション最優秀短編作品賞



 ミッドナイト・エクストリーム部門:

 ミッドナイト・エクストリーム賞



 ブリガドーン部門:

 ブリガドーン賞



 全部門合同:

 フォーカス・アジア賞

 最優秀児童映画賞

【公認】
 国際映画製作者連盟
 映画芸術科学アカデミー

 ※最優秀短編作品には米国アカデミー賞短編部門の応募資格が与えられます。

【前年度正式出品作品】
 「アンチポルノ」園子温監督
 「世界から猫が消えたなら」永井聡監督
 「ダゲレオタイプの女」黒沢清監督
 「園子温という生きもの」大島新監督
 「ひそひそ星」園子温監督
 「断食芸人」足立正生監督
 「暗殺教室 卒業編」羽住英一郎監督
 「血まみれスケバンチェーンソー」山口ヒロキ監督
 「告白」中島哲也監督
 「クローズZERO」三池崇史監督
 「パーフェクトブルー」今敏監督
 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」山崎貴監督
 「Wolf of Vengeance」樋口雅一監督
 「クリーピー 偽りの隣人」黒沢清監督
 「ミュージアム」大友啓史監督
 「テラフォーマーズ」三池崇史監督
 「ドラゴンボールZ 復活のF」山室直儀監督
 「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」原恵一監督
 「Gantz:O」川村泰監督
 「シン・ゴジラ」庵野秀明/樋口真嗣
 「彼岸島 デラックス」渡辺武監督
 「カラテ・キル」光武蔵人監督
 「貞子vs伽椰子」白石晃士監督
 「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」野末武志監督
 「宇宙からのメッセージ」深作欣二監督
 「桃太郎 海の神兵」瀬尾光世監督
 「ONE PIECE FILM GOLD」宮元宏彰
 「みつあみの神様」板津匡覧監督
 「また会う日まで」岡部哲也監督
 「心が叫びたがってるんだ。」長井龍雪監督
 「君の名は。」新海誠監督(アニメ部門:最優秀作品賞)
 「くもとちゅうりっぷ」政岡憲三監督
 「UTOPA」田中孝弘監督



【応募部門】
 長編部門(30分以上)
 短編部門(30分未満)
 ※ファンタスティック系作品限定

【応募〆切】
 2017年6月30日

【応募料金】
 6,100円(長編部門)
 2,400円(短編部門)

【結果発表】
 2017年9月10日以降

【完成規定】
 2016年1月1日以降に完成した作品

【製作地&国規定】
 規定なし

【プレミア規定】
 スペインプレミア

【上映素材】
 DCP/HDCAM/Betacam/35mm(長編部門)
 DCP/MOV(短編部門)
 ※上映決定後、上映素材提出

【作品言語&字幕】
 英語/英語字幕

【宣伝素材】
 上映決定後、宣伝素材提出



1. 作品に関連する音楽著作権、映像著作権、その他の権利処理を済ませた上で応募してください。未処理によ
 り生じた紛争について一切の責任を負いません。
2. 作品の著作権は作品の著作者に帰属します。 
3. 応募者はすべての応募条件、応募規約、注意事項を完全に理解し、これを承諾したものと見なします。
4. 上映決定後の上映取り消しや、第三者によって合意内容を覆すことはできません。
5. 選出されなかった作品を、映画祭に関連するマーケットやイベント、またはライブラリーで作品の宣伝を目
 的に上映する場合があります。
6. 応募素材の返却は行いません。応募素材はサービス終了後、すみやかに消去、または破棄いたします。
7. 映画祭情報は毎年変更されますので、必ず最新の映画祭情報をご確認ください。
8. サイト上に掲載されている情報は予告なしに変更することがあります。
9. 映画祭は天候その他のやむを得ない理由により延期・中止する場合がございます。
10. 応募〆切は映画祭の設定する公式応募〆切より1ヶ月前に設定しています。
11. 賞金や応募料金は掲載時のレートで円換算し、十の位を四捨五入しています。