ファンタジア国際映画祭



 ファンタジア国際映画祭は1996年にカナダのモントリオールで始まり、今回で第21回目を迎える北米最大のジャンル映画祭です。毎年アジアやヨーロッパ、アメリカを中心に様々な国と地域からジャンル映画を集め、7月下旬から8月上旬にかけて約400作品を上映し、10万人の来場者数を記録しています。2017年度から新たにVR部門を加え、各部門の優秀作品には賞の授与が行われます。

 同映画祭はジャパニーズホラーを北米に紹介する先駆けとなった映画祭でもあり、中田秀夫監督の「リング」が上映されドリーム・ワークス社の目に留まり、リメイクによる国際的なヒットにつながりました。また、三池崇史監督の映画を北米で最初に上映したほか、今敏監督の「パーフェクトブルー」をワールドプレミアで上映した映画祭でもあり、日本映画に所縁の深い映画祭としても知られています。2016年度は日本から羽住英一郎監督の「暗殺教室ー卒業編ー」や大根仁監督の「バクマン。」、岩井俊二監督の「リップヴァンウィンクルの花嫁」 など26作品が正式出品され、三池崇史監督に功労賞が送られました。

 2012年からジャンル映画の企画開発や共同製作を推進するマーケット“フロンティア”が開催されており、監督やプロデューサーによるライブピッチやネットワーキングが行われています。これまでにアマゾンスタジオやCAA、UTAなど様々な企業が参加し企画製作を行っており、業界向けイベントとして重要な役割を果たしています。







【開催地】
 カナダ・ケベック州・モントリオール

【開催期間】
 2017年7月13日〜8月2日

【開催回数】
 21回

【公式サイト】
ファンタジア国際映画祭

【賞金&賞】
 長編部門:
 審査員賞
 新人監督賞
 批評家賞
 今敏賞
 観客賞

 中編・短編部門:
 審査員賞
 今敏賞
 観客賞

【公認】
 ヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟

【前年度正式出品作品】
 「神さまの言うとおり」三池崇史監督
 「暗殺教室ー卒業編ー」羽住英一郎監督
 「バクマン。」大根仁監督
 「リップヴァンウィンクルの花嫁」岩井俊二監督
 「ちはやふる 上の句」小泉徳宏監督
 「ちはやふる 下の句」小泉徳宏監督
 「クリーピー 偽りの隣人」黒沢清監督
 「ハーモニー」なかむらたかし監督・マイケル・アリアス監督
 「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」福田雄一監督
 「I CAN SEE YOU」Jie Gu監督
 「世界から猫が消えたなら」永井聡監督
 「残穢 -住んではいけない部屋-」中村義洋監督
 「大怪獣モノ」河崎実監督
 「ころがし屋のプン」三池崇史監督
 「木屋町DARUMA」榊英雄監督
 「図書館戦争 THE LAST MISSION」佐藤信介監督
 「下衆の愛」内田英治監督
 「桃太郎 海の神兵」瀬尾光世監督
 「寄生獣」山崎貴監督
 「寄生獣 完結編」山崎貴監督
 「みつあみの神様」板津匡覧監督
 「テラフォーマーズ」三池崇史監督
 「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」宮藤官九郎監督
 「秘密 THE TOP SECRET」大友啓史監督
 「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」田口清隆監督
 「家族はつらいよ」山田洋次監督



【応募部門】
 長編部門(61分以上)
 中編部門(22分〜61分未満)
 短編部門(22分未満)
 VR部門(時間制限なし)

【応募〆切】
 2017年1月1日(1次〆切)
 2017年2月28日(2次〆切)
 2017年3月14日(3次〆切)
 2017年4月2日(最終〆切)

【応募料金】
 長編部門:
 5,200円(1次〆切)
 6,200円(2次〆切)
 7,300円(3次〆切)
 8,800円(最終〆切)

 中編部門:
 4,700円(1次〆切)
 5,700円(2次〆切)
 6,700円(3次〆切)
 7,800円(最終〆切)

 短編部門:
 4,100円(1次〆切)
 5,200円(2次〆切)
 5,700円(3次〆切)
 6,700円(最終〆切)

 VR部門:
 4,100円(1次〆切)
 5,200円(2次〆切)
 5,700円(3次〆切)
 6,200円(最終〆切)

【結果発表】
 2017年6月15日以降

【完成規定】
 規定なし(長編部門/中編部門/短編部門)
 2015年7月1日以降に完成した作品(VR部門)

【製作地&国規定】
 規定なし

【プレミア規定】
 モントリオールプレミア

【上映素材】
 DVD/BLU-RAY/MiniDV/DigiBeta/DVCAM/HDCAM/DCP/16mm/35mm(長編部門/中編部門/短編部門)
 MOV(VR部門)
 ※上映決定後、上映素材提出

【作品言語】
 英語/英語字幕/フランス語/フランス語字幕

【宣伝素材】
 上映決定後、宣伝素材提出



1. 作品に関連する音楽著作権、映像著作権、その他の権利処理を済ませた上で応募してください。未処理によ
 り生じた紛争について一切の責任を負いません。
2. 作品の著作権は作品の著作者に帰属します。 
3. 応募者はすべての応募条件、応募規約、注意事項を完全に理解し、これを承諾したものと見なします。
4. 上映決定後の上映取り消しや、第三者によって合意内容を覆すことはできません。
5. 選出されなかった作品を、映画祭に関連するマーケットやイベント、またはライブラリーで作品の宣伝を目
 的に上映する場合があります。
6. 応募素材の返却は行いません。応募素材はサービス終了後、すみやかに消去、または破棄いたします。
7. 映画祭情報は毎年変更されますので、必ず最新の映画祭情報をご確認ください。
8. サイト上に掲載されている情報は予告なしに変更することがあります。
9. 映画祭は天候その他のやむを得ない理由により延期・中止する場合がございます。
10. 応募〆切は映画祭の設定する公式応募〆切より1ヶ月前に設定しています。
11. 賞金や応募料金は掲載時のレートで円換算し、十の位を四捨五入しています。